生涯現役!オトコ塾!!

泌尿器科専門医であり、メンズヘルケアをライフワークとするDr.KOBAが、いつまでもカッコよく元気で過ごすため秘訣を伝授!

どんどん小さくなっているY染色体〜草食男子の原因!?〜

みなさな、こんにちは!

Dr.Koba です。

 

先日お話しした Y染色体 ですが、どんどん小さくなっていってるんですね。

 

X染色体の遺伝子数は 約1000、それに対して

Y染色体の遺伝子数は 約50 です。

 

とっても小さいんです。

X染色体とY染色体は同じような大きさだったと推察されています。

 

ゆくゆくはY染色体は消滅する、、、、なんてことも言われています。

試算では500−600万年後に消失する、とも。

 

そして現在、草食系男子 なるものが多いと言われています。

昔に比べて 男性ホルモンの濃度が減った、とか、精子の数が減っている、と指摘されています。

 

どんどん小さくなっていっているY染色体

草食系男子の原因である

といことについては

No であると僕自身は思っています。

Y染色体が小さくなっているといってもそれは進化の過程で 3億年も前からゆっくりと生じてきたものです。

 

ここ100年足らずで大きくそして日本人の多くのY染色体が同時発生的に小さくなったとは考えにくいです。

 

草食系男子が多くなった理由は社会的背景が大きいでしょう。

まず体を動かさなくなった こと。

これにより筋肉が衰え、テストステロンが減少します。そしてテストステロンの減少は精子にも悪影響を及ぼします。

そして昔は、男が責任を背負ってリーダーとなり色々なことが行われていましたが、そういったことも希薄です。

世の中の流れとして、男として求められることが少なくなったという側面もあります。

 

さらに環境ホルモン内分泌撹乱物質)が影響しているとも言われています。

 

そして特に草食系男子とは 恋愛に関心がない・奥手である こととして使われますが

その方達も 実際の女性に興味がないだけで アニメや二次元・フィギュア などに興味がある人も多いです。

恋愛の対象が現実世界の女性だけでなくなった、ことも大きな原因なのではないでしょうか。

 

しかし、動物にはY染色体が消滅したものもいるそうです。

 

このまま男が消滅しないよう、皆さん生涯現役で頑張りましょう!

 

 Dr.Koba