生涯現役!オトコ塾!!

泌尿器科専門医であり、メンズヘルケアをライフワークとするDr.KOBAが、いつまでもカッコよく元気で過ごすため秘訣を伝授!

セックスとオナニーで精子の元気さが違う!?

皆さん、こんにちは。

 Dr.Koba です。

 

お盆休みいかがお過ごしですか?

先日規制してきましたが、新幹線はいっぱいでした。

福知山線はすぐにJRが運行休止とするので、危うく帰省できないところでしたが

京都に帰る先生がいて車に乗せてもらい、京都から新幹線でなんとか帰ることができました。

福知山はJRが止まると陸の孤島となるので大変です。

 

さて

表題ですが

そうなんです。

セックスとオナニーで精子の元気さが違うんです。

 

2010 Mar;65(1):23-6.The outcome of the seminal fluid parameters collected via coitus interruptus versus masturbation.

www.ncbi.nlm.nih.gov

この研究によると、オナニーで採取した精液所見よりセックスで採取した精液所見の方が、精子数・精液量・運動率・が有意に高かったそうです。

さらに、当たり前といえば当たり前ですが、射精の満足度もセックスの方が高かったとのことです。

 

さらに、セックス群の方が精液中のクエン酸亜鉛などの濃度も上昇していたそうで、精子が元気であることも納得です。

 

勃起すると前立腺の血流が増加することや、セックスの方が時間も長いでしょうし興奮度も高いことが予想されますのでテストステロンを浴びる時間も長くなります。

また、セックスの方がオナニーよりも、快楽による報酬系のホルモン分泌が多量であるという報告もあります。

 

このような理由でセックスの方がオナニーよりも、精子が元気なんでしょう。

 

セックスよりもオナニーの方が気持ちいい、という方を集めると、オナニーの方が精液所見がよくなるんでしょうか??

疑問です。

 

  Dr.Koba