生涯現役!オトコ塾!!

泌尿器科専門医であり、メンズヘルケアをライフワークとするDr.KOBAが、いつまでもカッコよく元気で過ごすため秘訣を伝授!

オナニーとテストステロン オナ禁との関係

みなさん、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

先日のトークライブでも大きな盛り上がりを見せた

オナニーとテストステロンの話です。

 

オナニーを我慢(俗にいうオナ禁)すると、男として最強になるという噂が巷にはあるんです。

モテるようになった、頭が冴えるようになった、肌のつやが良くなった、などなど、インターネットにはオナ禁の猛者たちの自慢話が氾濫しております。

これを否定するわけではもちろんありません。

本人が満足して幸せなら、オナ禁をどんどんしてもらったらいいと思います。

 

僕の個人的見解では、何の科学的根拠もありませんが、出しすぎると体に悪いような気がしています。

 

僕の個人的見解はどうでもいいとして、オナ禁の科学的根拠を提供します。

オナ禁とテストステロンの関係性を報告した論文があります。

A research on the relationship between ejaculation and serum testosterone level in men.

J Zhejiang Univ Sci. 2003 Mar-Apr;4(2):236-40.

 

この報告によるとオナ禁7日後に急激な上昇を認め(145.7%上昇)、8日後には元に戻ったとのことである。

さらに、7日目にオナニーするグループ①としないグループ②に分けてその後のテストステロンレベルを調査した結果でグループ①では14日後にテストステロンの上昇を認めたのに対し、グループ②では上昇を認めなかった。

これは何を意味するかというと、7日以上禁欲をしてもテストステロンは上昇しないということを意味します。

7日→射精→7日(14日目)、ではテストステロンは上昇するが

7日→射精しない、もっと我慢して→7日(14日目)ではテストステロンの上昇を認めないということです。

テストステロンとオナ禁から考えると、7日に1度射精することがいいと言えるでしょう。

 

さらに、Kobayashi らの研究によると(僕です 笑)、

射精の前後ではテストステロンレベルは変わらないが、オナニーしている最中テストステロンがどんどんと上昇して射精後5分後には元に戻ることが報告されています。

f:id:hougane99:20170724161034p:plain

 

オナニーとの関連でテストステロンを高く保つには

勃起だけして射精せず、1週間に1度射精する、という行動が最もテストステロンを高い状態を保ち享受できる、と考えます。

養生訓で有名な貝原益軒先生の

接して漏らさず

はあっているのでは、と僕は考えます。

テストステロンラバーの皆様、参考にしてください。

    Dr.Koba