生涯現役!オトコ塾!!

泌尿器科専門医であり、メンズヘルケアをライフワークとするDr.KOBAが、いつまでもカッコよく元気で過ごすため秘訣を伝授!

尿道オナニーという悪魔の果実

みなさま、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

性的快楽には様々なものがありますが、その中の一つ

尿道オナニーについてご紹介。

 

尿道とはいわゆるペニスの先の穴(外尿道口)から膀胱まで、です。

f:id:hougane99:20170823113338p:plain

 

この尿道に、綿棒やボールペンなどを入れることで性的快楽を得る、人がいるらしいのです。

Dr.Koba は当然ですが未経験ですので(念のため!)

 

この尿道オナニーは最初の頃は相当に痛いと思いますが、慣れてくるとかなり気持ちいのでしょう。

じゃないと、はまりませんものね。

 

しかし、その尿道オナニー、相当に危険です。

まず、尿路感染症の危険性が格段に増します。

男性なら、前立腺炎や膀胱炎ですね。

さらに尿道の炎症により、尿道が細くなる尿道狭窄というリスクもあります。

 

そして最も恐ろしいことが

尿道に入れたものが取れなくなる

ということが起こり得ます!

取れなくなって、おしっこでも出せない、ということになれば

手術しかありません。

 

この時点での病名は 尿道異物

手術名は 尿道異物摘除術

となります。

 

Dr.Koba が経験した症例は

電池(単三電池)を入れてしまい取れなくなった患者さんがいました。

原因が原因ですので、相当に我慢(数カ月程度)しておられたようです。

さらに、尿道に電池が詰まっていますからおしっこも半端なく出しにくかったようです。

 

ペニスからカメラを入れて鉗子(つまむもの)で取り出そうとしましたが、すっぽりとはまり、電池なのでツルツル滑るためペニスの先からの摘出は諦めました。

 

膀胱へ一度押して入れ、その後、お腹を切って膀胱を切って摘出しました。

 

医学的には、尿道異物に対して高位膀胱切開により異物を摘出した、となります。

 

同様のことが消化器内科や外科でアナル(肛門)でも起こり得ます。

 

嘘のような本当の話はあります。

泌尿器科をやっていると色々と遭遇します。

大丈夫だと思いますが、皆さんも気をつけましょう。

 

   Dr.koba

オトコの味方サプリ②〜ノコギリヤシ〜

みなさん、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

男が生涯現役であるためのサプリメントその2です。

 

今回の主役は ノコギリヤシ です。

 

ノコギリヤシは北米南東部のヤシ科の植物で、45 cm~1 mに広がる特徴的なノコギリ状の葉を持つことからその名が付けられました。葉は鋭くギザギザとしたとげに覆われているので、触ると皮膚を傷つける危険があります。ノコギリヤシは米国南西部の固有種で、大西洋岸平野からメキシコ湾岸低地で主に生息しています。丈夫な植物で成長は極端に遅く、また長寿という特徴があります。特にフロリダには樹齢500から700年と推定される個体もあるほどです。

https://www.supkomi.com/univ/nokogiriyashi/nokogiriyashi-feature.html より引用

f:id:hougane99:20170822143811j:plain

 

ノコギリヤシはおしっこが出にくい、頻繁に行く、などの排尿障害のサプリメントとして有名です。

Eur. J. of Medical Reserch 1997

Clin Drug Invest 1999

などで有用性が報告されましたが、その後の報告でプラセボと差がなかったとの報告もあります。

N. Engl. J. Med. 354 (6): 557–566

J. Urol. 179 (6): 2119–2125

1年間では差が出なかったが、2年間継続した研究では差があったとの報告もあり科学的にはなんとも言えません。

World J Urol 23 (4): 253-6

何を信じるかは、自分次第ということですね。

 

そんなノコギリヤシですが、科学的に

5αリダクターゼの阻害作用があることが認められています。

これは、前立腺肥大症 & AGAの治療薬 デュタステリド の主成分です。

5αリダクターゼは

テストステロン→DHT へ変換します。

このDHTが前立腺肥大や薄毛を進めてしまうのです。

これを阻害することによって

前立腺の肥大を抑制し、薄毛を改善させます。

 

5αリダクターゼが含まれているので、多少は前立腺肥大の抑制やAGAの抑制効果はあるのではないでしょうか。

 

とりあえず飲んでみるのはアリですね。

 

  Dr.Koba

オトコの味方サプリ①〜ピクノジェノール〜

皆様、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

さて、今回はミドルエイジの殿方に役立つサプリメントについて。

40代を迎えると性的な意味で下半身の力が下がってきたと感じる方も少なくありません。

 

報告によれば勃起力に自身がなくなってきた(ED)と感じる方は

日本で1000万人以上 とも言われています。

 

勃起障害には

精神性

器質性(血管性・神経性)

ホルモン性

などがあります。

 

全て大事なのですが、まずは勃起するメカニズムを整えることが大事です。

一番大事なことは、ペニスに血液が充満して硬くなる、ことが大事ですので

血管と神経が大事です。

 

勃起に大事な酵素が PDE5阻害薬(ホスホジエステラーゼ5阻害薬)です!

興奮して神経から一酸化窒素NOが放出→ cGMP増加 → 陰茎海綿体平滑筋の弛緩とともに血流増大→ 勃起 です。

キーワードは NO と c(サイクリック)GMP です。

cGMPは勃起に不可欠な物質ですが、PDE5iによって分解されてしまいます。

すると勃起が終焉を迎えてしまいます。

そこで PDF5を阻害する薬(インヒビター)を投与するとcGMPが分解されることが緩やかになるので勃起が維持しやすくなるのです。

このPDE5阻害薬こそ、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED薬なのです。

 

薬は非常に安全で体にもいいことから僕は推奨派ですが、まだ薬は飲みたくない

という殿方へ可能性のあるサプリメントを紹介します。

それはピクノジェノールです!

 

ピクノジェノールとは、フランスの南西部の大西洋沿岸に生育する「フランス海岸松」と呼ばれる松の樹皮より抽出された天然の抗酸化物質で、ヨーロッパでは古くから医薬品として使用されてきました。

 

このピクノジェノールはNO産生能やPDE5阻害作用が報告されています。

               Eur. Bulletin of Drug Reserch 11;29,2003

さらに高い抗酸化能力があることも報告されています。この文献では精子の造成能が増加したということも報告されています。

                J. of Reprod Med 47;821-,2002

 

ただし、心臓のお薬のニトログリセリンとの併用はNO作用が強くなりすぎるので併用は禁忌(絶対だめ)です。

 

弱ってきた男性機能には ピクノジェノール がお役に立つ かもしれません。

 

 Dr.Koba

 

独身貴族が衰えるとき

皆様、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

今日は男性の独身貴族の話。

f:id:hougane99:20170815131029j:plain

晩婚化がすすみ、40台でも独身が珍しくなくなりました。

最近の40台50台は恐ろしく若い人が大勢いますね。

 

これはアンチエイジングの進歩と、いつまでも若々しくあることができる社会の変化も大きく関与しているものと思われます。

 

一昔前は、20台までに結婚する人がほとんどで、家庭を持ち家庭を支える大黒柱として働く人がほとんどでした。

そうなると一家の長として家庭を守らなければならず、好きなことをやれる人はごく僅かでした。

 

しかし現在では、独身を謳歌し、家庭を持つということと真逆の生活を送る独身貴族が多いですよね。

そのような人は刺激に満ち溢れ、テストステロン値も高く、若々しいのです。

 

しかし、そんな独身貴族で若々しい殿方が急に老け込むタイミングがあります。

それは、、、

 

結婚を諦めた=オスを引退した

 

タイミングです。

 

同窓会などでいつまでも独身で若々しいと思っていた男性も、結婚を諦めた途端に老け込むのです。

 

やはり男には女性、が大事ですね。

 

 Dr.Koba

セックスとオナニーで精子の元気さが違う!?

皆さん、こんにちは。

 Dr.Koba です。

 

お盆休みいかがお過ごしですか?

先日規制してきましたが、新幹線はいっぱいでした。

福知山線はすぐにJRが運行休止とするので、危うく帰省できないところでしたが

京都に帰る先生がいて車に乗せてもらい、京都から新幹線でなんとか帰ることができました。

福知山はJRが止まると陸の孤島となるので大変です。

 

さて

表題ですが

そうなんです。

セックスとオナニーで精子の元気さが違うんです。

 

2010 Mar;65(1):23-6.The outcome of the seminal fluid parameters collected via coitus interruptus versus masturbation.

www.ncbi.nlm.nih.gov

この研究によると、オナニーで採取した精液所見よりセックスで採取した精液所見の方が、精子数・精液量・運動率・が有意に高かったそうです。

さらに、当たり前といえば当たり前ですが、射精の満足度もセックスの方が高かったとのことです。

 

さらに、セックス群の方が精液中のクエン酸亜鉛などの濃度も上昇していたそうで、精子が元気であることも納得です。

 

勃起すると前立腺の血流が増加することや、セックスの方が時間も長いでしょうし興奮度も高いことが予想されますのでテストステロンを浴びる時間も長くなります。

また、セックスの方がオナニーよりも、快楽による報酬系のホルモン分泌が多量であるという報告もあります。

 

このような理由でセックスの方がオナニーよりも、精子が元気なんでしょう。

 

セックスよりもオナニーの方が気持ちいい、という方を集めると、オナニーの方が精液所見がよくなるんでしょうか??

疑問です。

 

  Dr.Koba

 

頻尿にボツリヌス毒素!?

皆様、こんばんは。

Dr.Koba です。

 

男性も、そして女性をも悩ます頻尿問題。

おしっこが溜まっていないのにおしっこに行く、、、

歳だからと諦めるのは早いですよ。

よくおしっこに行くことは

過活動膀胱 という病気の可能性があります。

 

50歳以上の8人に1人が、過活動膀胱 という報告もあります。

 

ただの頻尿と侮るなかれ

50歳以上ならば夜中にトイレに起きるという方も少なくないはず。

夜にトイレに起きれば起きるほど死亡率が上がる、、、なんて報告もあります。

 

過活動膀胱には抗コリン薬・β3作動薬などのお薬もありますが、治療抵抗性なことも多いです。

 

そんな中、美容医療でシワを抑える注射でおなじみの

ボトックスが頻尿改善効果が認められた、との報告が出ました!

そもそもボトックスとは、ボツリヌス菌が出す毒で筋肉を動かさないようにするものです。

それを医療応用として、表情筋の筋肉を収縮できないようにしてシワを抑制したものがボトックスです。

 

このボトックスを膀胱の中に200単位注入するというものです。

 

ボトックスのこの効果を膀胱の筋肉にも応用して、無駄な収縮を抑制して頻尿症を改善したということです。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/bju.13025/epdf

 

論文です。

 

色々な治療が出てきて選択肢が広がることはいいことですね。

 

 Dr.Koba

 

 

射精しても精液が出ない〜逆行性射精〜

皆さん、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

殿方はイクと精液が出るものだと思ってらっしゃるかと存じますが、

イッても精液が出ない、という状態が存在します。

 

逆行性射精 という状態です。

 

精液は前立腺と精嚢から分泌されますが、前立腺の真ん中くらいから出ます。

そして膀胱側にいかないように、膀胱側の筋肉が閉じます。

このメカニズムにより、ペニスの先端からぴゅっと精液が飛び出します。

しかし膀胱側が閉じなければ精液は膀胱内に入り、おしっこともに排出されることになります。

逆行して射精してしまうので、 逆行性射精 と言います。

 

原因としては

糖尿病 が多いです。

糖尿病は神経を傷めてしまうので、感覚の低下が来ることはよく知られていますが

射精の神経もやられてしまうんです。

もちろんと言っては失礼ですが、勃起もしにくくなります。

糖尿病性EDの患者さんも多いです。

こんなに怖い糖尿病、ほとんどが生活習慣によるものです。

生涯現役のためにしっかりと節制して糖尿病にならないように気をつけましょう!

 

そして次に多いのが、医療行為によるもの(医原性)です。

前立腺肥大症の薬

前立腺肥大症の手術

です。

どちらも排尿をしやすくするために、前立腺を閉じないよう広げることを目指します。

そのため収縮できなくなるため、逆行性射精をきたすことが多いです。

下の図は 経尿道前立腺手術 です。

f:id:hougane99:20170810155739g:plain

jikei-ur.umin.jp より引用

このような状態もあるんですね。

 

さらに付け加えると

最近では精液が逆行すらしていないという状態もあります。

それは、精液を出せるほど筋肉が収縮しない、という状態です。

α1ブロッカーのユリーフは長く逆行性射精と言われていましたが、精嚢・前立腺の不全収縮であると発見されました。

某大学病院の泌尿器科医がユリーフを飲んで、超音波を当てながら射精してこの事実を突き止めたとのこと。

いやはや、感服いたします。

 

  Dr.Koba