生涯現役!オトコ塾!!

京都ルネス病院メンズヘルス外来 診療中 泌尿器科専門医であり、メンズヘルスケアをライフワークとするDr.Kobaが、いつまでもカッコよく元気で過ごすため秘訣を伝授!

精液アレルギー!? 射精して気分が悪くなる!? Postorgasmic illness syamdrome とは!?

皆さん、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

花粉症、サバアレルギーなどさまざまなアレルギーがあり、人類を困らせますが。

アレルギーは色々なものに起こります。

そうです、精液にも起こりうるのですね!

 

アレルギーとは本来身体に害のないものに、免疫が反応してしまう病態です。

 

精液に含まれる何らかの物質に反応してしまいます。

これは女性も男性もなってしまいます。

 

Postorgasmic illness syndrome  (POIS)

日本語では オルガスムス(オーガズム)後症候群

と言います。

 

今回は男性の場合をご紹介。

僕が以前診療した方のケースで。

 

オナニーの後、

倦怠感・筋肉痛・熱っぽさ

が毎回のようにあるために受診。

その症状が2ー3日間くらい続くとのこと。

 

そんなことあるんかいな?

と当時は聞いたこともなかったので半信半疑で問診を行いました。

文献検索っと。

なんと、同じような症状を呈する患者さんの症例報告が日本から!

しかも海外にも多数ありました。

 

POISは

射精後の

倦怠感、熱感、気分低下、インフルエンザ症状

などが発現し、数日から1週間続く方もいます。

 

ポイントは射精後です。

射精する前、精液が前立腺や精嚢にいる場合は問題なく尿道や精路を通過する際に免疫細胞に反応されてしまう、との仮説が唱えられています。

 

また、

アトピー性皮膚炎やその他のアレルギーを持っているとリスクが上昇し

早漏

の方もPOISのリスクであることが示唆されています。

 

検査方法は

各種アレルギーの検査や

皮膚プリックテストといって精液にアレルギーを生じるか

を検査する方法もあります。

 

僕の症例の方も精液のプリックテストを行いましたが、アレルギー反応はありませんでした。

 

アレルギー反応ではなく、精神的な疾患であるとの声もあります。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25630453

また、中国人のPOIS患者さんでもアレルギーの異常はみとめられなかったとのこと。

 

治療法は

ロキソニンなどのNSAIDs、抗アレルギー薬などが提唱されていますがはっきりしません。

 

もしかしたらPOISは、アレルギーではなくホルモンの異常かもしれませんね。

 

POISはまだまだ確立した疾患とは言いにくいですが、このような病態もあります。

 

なかなか相談しにくいことで、どこに相談して良いかわからないかもしれません。

泌尿器科医師でも、POISの存在を知らない方も多いと思います。

 

そんな悩みは Dr.Koba までお気軽に!!

 

 Dr.Koba

 

 

ブログが滞りすみません。色々と活動しておりました。

皆さま、ご無沙汰しております。

Dr.Koba です。

 

ブログの更新が滞りまして、生涯現役!オトコ塾!!

ファンの皆さまには寂しい思いをさせてしまいました笑

申し訳ございません。

 

講演、学会などイベントが重なり、さらに通常の病院業務も入院患者・手術・救急などなど忙しくなっておりました。

 

少し落ち着きましたので、これからブログについてもますます鋭意執筆させていただきます。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

 

皆様の応援が本当に力になります。

 

福知山腎友会 透析患者さんへの講演

休日にもかかわらず、多くの方に聴講していただき感謝です。

f:id:hougane99:20180421102415j:image

 

企業研修の一環としてメンズヘルス診療について講演

非常に熱心に聞いていただき、質問も多数いただきました!

f:id:hougane99:20180421102539j:image

 

泌尿器科学会総会に参加

京都国際会館にて

f:id:hougane99:20180421103001j:image

天下一品総本店で舌鼓!

f:id:hougane99:20180421103033j:image

かつての大学病院勤務時代の仲間たちと!

みんなそれぞれの道で活躍していて刺激をもらいました。

f:id:hougane99:20180421103113j:image

 

TENGAヘルスケア 佐藤さんと!

展示ブースにて!

f:id:hougane99:20180421103158j:image

 

手術も多くなって来ました。

f:id:hougane99:20180421103356j:image

 

男性特有の悩み、泌尿器の悩みを抱える方に少しでも有益な情報を提示できればと思います。

 

今後とも当ブログ

生涯現役!オトコ塾!!とDr.Koba

を宜しくお願いいたします。

 

 Dr.Koba

 

 

 

 

EDを衝撃波で治す!ED1000!!

皆様、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

本日はED治療のマシーンについてです。

 

ED治療には

内服

陰圧式勃起補助具

陰茎海綿体注射

陰茎プロステーシス挿入術

 

など沢山ありますが忘れていました。

画期的な治療器具があることを。

その名も

ED1000 です!最新型でEDMAXというものもあるらしいです。

f:id:hougane99:20180414163058j:image

 

衝撃波をおちんちんに当てることにより、陰茎海綿体を元気にするという治療法です。

 

衝撃波をおちんちんに照射することによって、おちんちんの勃起に関係する血管の新生を誘導します。

 

f:id:hougane99:20180414162350j:image

 

f:id:hougane99:20180414162354j:image

 

根本的におちんちんの勃起に関する状態を改善させる治療法です。

痛みもなく目立った副作用もないところが非常に良いところですね。

お値段は一回あたり 3万円から5万円。

5回から10回くらいが相場のようです。

参考サイト

http://www.ed-kawasaki.com/#ed02

 

京都ルネス病院には残念ながらありません。

理事長買ってくれないかしら。

 

ED治療にもさまざまな方法があります。

 

ちなみにこの出力が高いもので尿路結石を破砕することができて

ESWLと呼びます。

 

衝撃波って素晴らしいですね!

 

 Dr.Koba

睡眠中にセックスしている!?セクソムニアという睡眠障害

皆様、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

最近は嬉しいことに講演依頼が多く、そのスライド作りに時間を割いておりました。

また、日々の診療も忙しくなってきており、少しずつ自分のしたいことが形になってきて嬉しく忙しく過ごしています。

 

さて、気になる記事を見つけました。

セクソムニア について。

 

セクソムニアとはSexsomnia と表記し

Sex と insomnia(不眠症)を組み合わせた造語です。

 

別名 Sleep Sex とも呼ばれるそうです。

 

馴染みが深い言葉では、睡眠中に色々と行動してしまう

夢遊病

という疾患があります。

 

睡眠中に意識なく、問題行動をおこす症状を

睡眠随伴症(parasomnia)と称します。

 

セクソムニアは、夢遊病の性的な行動、状態と考えてもらえればわかりやすいですね。

 

具体的な症状としては睡眠中に

マスターベーション

②愛撫

③セックス

④性的な発言

⑤オーガズム

などの性的な行動を起こすようです。

 

本人は記憶がなく、指摘されても信じられないとのこと。

問題は自分に意識がなく、相手を選ばない、ということ。

パートナーでは大きな問題とならないかもしれないが、相手がパートナーではない場合(友人、親戚)などでは大きな問題となってしまいます。

症例によっては性的興味がない同性への性的行動もあったとのこと。

 

同性に睡眠中に襲われてはたまったものではありませんね。

 

海外では49例が報告されており、警察沙汰になっているものもあり、早急な知見の集積、治療法の確立が望まれます。

 

原因として、ストレス、精神病薬、性的トラウマ、などが関係あるとのこと。

 

てんかん薬のクロナゼパムが効果を認めること、他には睡眠時無呼吸症候群を改善させるCPAPという治療が効果を認めることが報告されています。

 

ふと目覚めてムラムラしてオナニーしたりセックスしたりすることとは、大きく違う症状ですよ!!

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29618539

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28364495

 

色々な病気があるものです。

 

それでは皆様、ステキな週末を。

 

    Dr.Koba

 

 

 

 

 

 

 

 

30代、40代でも要注意!膀胱癌にご注意!!膀胱癌の動画を掲載

皆さん、こんにちは。

Dr.Koba です。

 

胃がん、大腸がん、肺がん、などはよく聞くことがあります。

忘れがちですが

もちろん膀胱にも癌はできます。

 

膀胱とはお腹の下らへんにある尿を貯める臓器です。

赤いおしっこが出る血尿で見つかることが多いですが

頻尿や尿意切迫感、難治性の膀胱炎なども症状としてあるので人間ドックの腹部エコーやCT検査で偶然見つかることも多いです。

 

ガチンコファイトクラブでもお馴染みの

ボクシング元世界チャンピオンの竹原さんも膀胱癌で闘病中です。

竹原さんの場合は膀胱刺激症状で排尿時痛や頻尿、血尿などの症状があったようです。

https://www.oricon.co.jp/news/2093613/full/

 

膀胱は下腹にあります。

f:id:hougane99:20180410123846j:image

https://ganjoho.jp/public/cancer/bladder/index.html より引用

 

タバコは膀胱癌のリスクですので、タバコを吸っている方は特に注意しましょう!

 

膀胱癌は早期(膀胱の筋層に浸潤していない)であれば、膀胱内から削り取ることが可能です。

お腹を切ることなく、可能です。

これを経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)と言います。

 

f:id:hougane99:20180410144706j:image

手術風景です。凛々しいですね(笑)


Dr.コバの手術紹介動画

腫瘍の動画です。

m.youtube.com

膀胱腫瘍はなかなか発見されにくい癌です。

 

前述の症状で気になる方は泌尿器科へ行きましょう。

 

 Dr.Koba

 

 

 

 

太っている人はおちんちんが小さい!?

皆さん、こんばんは。

Dr.Koba です。

 

太っている人はおちんちんが小さい。

都市伝説的に、時々聞く話です。

 

これは yes でもあり  No でもあります。

 

ズバリ!

見た目は小さく見えます。

なぜなら、脂肪におちんちんが埋もれてしまうから。

仮に平常時を10cmとして、脂肪で5cm埋もれてしまうと半分に見えてしまいますね。

おちんちんのサイズは基本的にそこまで小さくなりません。

しかしながら肥満は男性ホルモンを低下させる可能性があります。

そうなると、おちんちんのサイズ自体も小さくなる可能性があります。

 

痩せている人は、脂肪が少ない分大きく見えるわけです。

 

 

[f:id:hougane99:20180407184904p:image

 

 

しかしながら

太っていると脂肪細胞により

男性ホルモンのテストステロンが女性ホルモンに変換されてしまいます。

また、肥満者はプロラクチンの分泌が上昇するという報告もあります。

プロラクチンは男性ホルモンの分泌に関してマイナスに働きます。

 

男性ホルモンが低下する、ということはおちんちん自体が小さくなる可能性はありますね。

 

さらに肥満の患者さんは糖尿病など血管に障害を持っている可能性が高いです。

男性ホルモン低下&血管力低下 がもたらすものは

EDですね。

 

肥満でいいことはありません。

 

生活習慣を改善して豊かなオトコ生活を!!

 

   Dr.Koba

 

 

 

EDの人はマラソンで突然死になりやすい!?

皆さん、こんばんは。

 Dr.Koba です。

 

少しずつこのブログも見てくれる人が増えてきてくれて、嬉しく思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

近年、マラソンがブームでよくSNSでもフルマラソンに参加している投稿をみかけます。

 

強く言いたいですが

フルマラソンとはしっかりとした練習を積んだアスリートが参加するものであり

素人が安易に参加してはなりません。

 

ラソンの心停止の報告は多く

1992年〜2011年8月までの間に開催された国内のマラソン大会で、127名のランナーに心臓が止まってしまうという事故が起きているとのことです。

http://www.uro-gyn.net/run.html

 

男性のガソリンとも言える

男性ホルモン(テストステロン)は

走りすぎると低値になり、男性更年期障害であるLOH症候群やEDのリスクになります。

 

また普段からED気味の人は、血管病変のリスクがあることから心停止のリスクが高まります。

 

EDは心筋梗塞の前触れとも言われ、前に僕の記事でも紹介しています。

 

 

doctorkobakoba.hatenablog.com

 

 

月間200キロ以上の走行は男性ホルモンの低下を招き、フルマラソンは男性ホルモンを使い尽くすそうです。

https://dot.asahi.com/wa/2017051200067.html?page=2

奥井先生は運動誘発性低テストステロン症という概念を打ち立てた、

とても独創的で興味深いことをしておられる先生です。

いつかお話ししてみたいと思ってます。

 

何事もやり過ぎは体に害を及ぼします。

安易なフルマラソン参加にはご注意くださいませ。

 

しっかりと訓練を積んだ方のマラソンを否定しているわけではありませんので悪しからず。

 

ダイエットにはスロージョギングと筋トレ、食事制限が王道です!

 

  Dr.Koba